生年月日でわかる人生と運命

生年月日でわかる人生と運命

好きな人ができたけど、どうもタイミングが合わなかったり、おつきあいしている彼となんだか価値観や考えで衝突することがある。でも、好きだから一緒に居たい。

 

そんなことを考えるようになったら、相性占いでお互いの気質の違いや関係性を見てみましょう。

 

お相手や自分自身がこの世に生まれたということは、宿命を与えられたているということです。

 

そのお互いの宿命を知れば、2人が出会った意味やご縁の深さも知る事ができ、違う部分を知る事によって自分がどのように行動すればいいのかが分かるようになります。

 

.まずは生年月日を用意する

相性占いをする場合は、生年月日が必要です。
与えられた宿命や運勢バイオリズムを拝見し、なぜ2人が出会ったのか、そしてその出会った意味などを読み解く必要があります。

 

それを知った上でコミュニケーションの取り方や何かあった時の対処法を知り、自分自身も、そしてお相手も成長して楽しい日々が送れるようになります。

 

相性は良し悪しだけでは決まりません

相性という言葉を聞くと、良いか悪いかだけで判断してしまいがちですが、そういうことではありません。
確かに、自分にとって相性がぴったりな方というのは存在しますが、探すのは困難なことです。

 

そして、今現在の好きな方やおつきあいされている方は、相性が悪いからうまくいかないのではなく、必ず自分自身の人生の中で出会わなければいけない人なのです。

 

お互いの成長や向上のために出会っている場合であればそれは良い相性であって、それは全てのご縁において言えることなので、良い悪いで判断すれば、全て良い相性だと見ることができます。

 

3.相性占いのあとは自分で行動するのみ

相性を見たあとは、2人の関係性をより良くするために、自分自身が前向きに行動すれば、必ず良い方向にいきます。

 

たとえぴったりな相性ではなかったとしても、それに惑わされずに努力をすれば必ず未来は開けます。そのために占い師は的確なアドバイスをし、良い未来になることを自分の力で切り開いていただけるように背中を押しています。

 

迷ったら占い師に相談をすれば、心のもやもやがきっと取れるはずです。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今までにない心の葛藤や悩みが出た時というのは、転換期のサインでもあります。
そういう時はひとりで抱え込まず、占い師にアドバイスをもらうことで解決の方向に向かいます。
是非一度、占い師に相談をしてみましょう。

相性占い体験者の感想